- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

全豪オープン
2019/1/14〜2019/1/27  オーストラリア、メルボルン
Australian Open
Grand Slam
賞金総額
コートの種類
シングルドロー数
ダブルスドロー数
Official Web Site
A$ 60,500,000
Hard/Outdoors
128
64
歴代優勝者
女子シングルス
優勝
準優勝
NEW!
2019年
大坂なおみ
P・クヴィトバ
2018年
C・ウォズニアッキ
S・ハレプ
2017年
S・ウィリアムズ
V・ウィリアムズ
2016年
A・ケルバー
S・ウィリアムズ
2015年
S・ウィリアムズ
M・シャラポワ
2014年
N・リー
D・チブルコワ
2013年
V・アザレンカ
N・リー
2012年
V・アザレンカ
M・シャラポワ
2011年
K・クレイステルス
C・ウォズニアキ
2010年
S・ウィリアムズ
J・エナン
2009年
S・ウィリアムズ
D・サフィーナ
2008年
M・シャラポワ
A・イバノビッチ
2007年
S・ウィリアムズ
M・シャラポワ
2006年
A・モレスモ
J・エナン=アルデンヌ
2005年
S・ウィリアムズ
L・ダベンポート
2004年
J・エナン=アルデンヌ
K・クレイステルス
2003年
S・ウィリアムズ
V・ウィリアムズ
2002年
J・カプリアティ
M・ヒンギス
2001年
J・カプリアティ
M・ヒンギス
2000年
L・ダベンポート
M・ヒンギス
男子シングルス
優勝
準優勝
NEW!
2019年
N・ジョコビッチ
R・ナダル
2018年
R・フェデラー
M・チリッチ
2017年
R・フェデラー
R・ナダル
2016年
N・ジョコビッチ
A・マレー
2015年
N・ジョコビッチ
A・マレー
2014年
S・ワウリンカ
R・ナダル
2013年
N・ジョコビッチ
A・マレー
2012年
N・ジョコビッチ
R・ナダル
2011年
N・ジョコビッチ
A・マレー
2010年
R・フェデラー
A・マレー
2009年
R・ナダル
R・フェデラー
2008年
N・ジョコビッチ
J・W・ツォンガ
2007年
R・フェデラー
F・ゴンサレス
2006年
R・フェデラー
M・バグダティス
2005年
M・サフィン
L・ヒューイット
2004年
R・フェデラー
M・サフィン
2003年
A・アガシ
R・シュトラー
2002年
T・ヨハンソン
M・サフィン
2001年
A・アガシ
A・クレマン
2000年
A・アガシ
Y・カフェルニコフ
女子ダブルス
優勝
準優勝
NEW!
2019年
S・ストーサー/ザン・シュアイ
T・バボス/K・ムラデノヴィック
2018年
T・バボス/K・ムラデノヴィック
E・マカロバ/E・ヴェスニナ
2017年
M・マテック=サンズ/L・サファロバ
A・フラヴァコバ/ザン・シュアイ
2016年
M・ヒンギス/S・ミルザ
L・フラデカ/A・フラヴァコバ
2015年
B・マテック=サンズ/L・サファロバ
Y・チャン/S・ゼン
2014年
S・エラーニ/R・ビンチ
E・マカロバ/E・ヴェスニナ
2013年
S・エラーニ/R・ビンチ
A・バーティ/C・デラクア
2012年
S・クズネツォワ/V・ズヴォナレーワ
S・エラーニ/R・ビンチ
2011年
G・ドゥルコ/F・ペネッタ
V・アザレンカ/M・キリレンコ
2010年
S・ウィリアムズ/V・ウィリアムズ
C・ブラック/L・フーバー
2009年
S・ウィリアムズ/V・ウィリアムズ
D・ハンチュコバ/杉山愛
2008年
A・ボンダレン・ER/K・ボンダレンコ
S・ペア/V・アザレンカ
2007年
C・ブラック/L・フーバー
Y・チャン/C・チュアン
2006年
ヤン・ツー/鄭潔
L・レイモンド/S・ストザー
2005年
A・モリック/S・クズネツォワ
L・ダベンポート/C・モラリュー
2004年
V・ルアノ=パスクアル/P・スアレス
S・クズネツォワ/E・リホフツェーワ
2003年
S・ウィリアムズ/V・ウィリアムズ
V・ルアノ=パスクアル/P・スアレス
2002年
M・ヒンギス/A・クルニコワ
D・ハンチュコバ/A・サンチェス=ビカリオ
2001年
S・ウィリアムズ/V・ウィリアムズ
L・ダベンポート/C・モラリュー
2000年
E・フェレイラ/R・リーチ
W・ブラック/A・クラッツマン
男子ダブルス
優勝
準優勝
NEW!
2019年
PH・エルベール/N・マウー
H・コンティネン/J・ピアース
2018年
O・マラチ/M・パビッチ
J・S・キャバル/R・ファラ
2017年
H・コンティネン/J・ピアース
B・ブライアン/M・ブライアン
2016年
J・マレー/B・ソアレス
D・ネスター/R・シュティエパネック
2015年
F・フォニュイーニ/S・ボレッリ
N・マウー/PH・エルベール
2014年
L・クボット/R・リンドステッド
E・バトラック/Raven Klaasen
2013年
M・ブライアン/B・ブライアン
R・ハース/I・セイスリン
2012年
L・パエス/R・シュティエパネック
M・ブライアン/B・ブライアン
2011年
M・ブライアン/B・ブライアン
M・ブパティ/L・パエス
2010年
M・ブライアン/B・ブライアン
D・ネスター/N・ジモンイッチ
2009年
M・ブライアン/B・ブライアン
M・ブパティ/M・ノウルズ
2008年
J・アーリック/A・ラム
A・クレマン/M・ロドラ
2007年
M・ブライアン/B・ブライアン
M・ミルニ/J・ビョークマン
2006年
M・ブライアン/B・ブライアン
M・ダム/L・パエス
2005年
K・ウリエット/W・ブラック
M・ブライアン/B・ブライアン
2004年
M・ロドラ/F・サントロ
M・ブライアン/B・ブライアン
2003年
M・ロドラ/F・サントロ
M・ノウルズ/D・ネスター
2002年
M・ノウルズ/D・ネスター
M・ロドラ/F・サントロ
2001年
J・ビョークマン/T・ウッドブリッジ
B・ブラック/D・プリノシル
2000年
E・フェレイラ/R・リーチ
W・ブラック/A・クラッツマン
混合ダブルス
優勝
準優勝
NEW!
2019年
B・クレイチコバ/R・ラム
A・シャルマ/J・P・スミスナ
2018年
G・ダブロウスキー/M・パビッチ
T・バボス/R・ボパンナ
2017年
A・ピアーズ/J・キャバル
S・ミルザ/I・ドディグ
2016年
E・ヴェスニナ/B・ソアレス
C・バンデウェイ/H・テカウ
2015年
M・ヒンギス/L・パエス
K・ムラデノヴィック/D・ネスター
2014年
K・ムラデノヴィック/D・ネスター
S・ミルザ/H・テカウ
2013年
J・ガイドソバ/M・エブデン
L・フラデカ/F・チェルマク
2012年
B・マテック/H・テカウ
E・ヴェスニナ/L・パエス
2011年
K・シュレボトニック/D・ネスター
Y・チャン/P・ハンリー
2010年
C・ブラック/L・パエス
E・マカロバ/J・レビンスキー
2009年
S・ミルザ/M・ブパティ
N・デシー/A・ラム
2008年
S・ティエンティエン/N・ジモンイッチ
S・ミルザ/M・ブパティ
2007年
E・リホフツェーワ/D・ネスター
V・アザレンカ/M・ミルニ
2006年
M・ヒンギス/M・ブパティ
D・ネスター/E・リホフツェーワ
2005年
S・ストザー/S・ドレーパー
K・ウリエット/L・フーバー
2004年
E・ボヴィナ/N・ジモンイッチ
M・ナブラチロワ/L・ペーズ
2003年
M・ナブラチロワ/L・ペーズ
T・ウッドブリッジ/E・ダニリドー
2002年
K・ウリエット/D・ハンチュコバ
G・エトリス/P・スアレス
2001年
E・フェレイラ/C・モラリュー
J・イーグル/B・シェット
2000年
J・パルマー/R・スタブズ
T・ウッドブリッジ/A・サンチェス

全豪オープン ニュース

...と顔を合わせる。 大坂は昨年の全米オープンで日本人初のグランドスラム制覇を成し遂げた。今シーズンは全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)で四大大会2勝目をあげた。 前週...

...レンジャーに出場するのは2005年10月以来 約14年ぶり。 四大大会3勝を誇るマレーは今年1月の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)で、2年間も股関節の痛みに苦しめら...

...れる錦織圭、大坂なおみを中心に、大会の見どころについて語った。 まず男子シングルスには、今季の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)とウィンブルドン(イギリス/ロンド...

...デフに敗戦を喫していた。 「彼はトップ5へ向けて練習している。確実に世界のトップ選手の1人。今年の全豪オープンから成長している。フォアハンドと動きがよくなっている。彼はいつもビッグサーブを打つ。あそ...

...< >>錦織らW&Sオープン対戦表<< 四大大会3勝を誇る元世界ランク1位のマレーは、今年1月の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)以来 約7カ月ぶりにシングルスへ参...

...2017年の9月に第一子を出産後、セリーナはタイトルに手が届いておらず、最後に優勝したのは同年1月の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)。 「錦織圭 出場予定 男子テニ...

...2017年の9月に第一子を出産後、セリーナはタイトルに手が届いておらず、最後に優勝したのは同年1月の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)。 2013年以来6年ぶり4度目...

...ランク1位のA・マレーがワイルドカード(主催者推薦)で出場し復帰することが明らかになった。今年1月の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)以来 約7カ月ぶりにシングルスへ参...

...た。 >>大坂vsセリーナ 1ポイント速報<< >>大坂らロジャーズ杯 対戦表<< 今年1月の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)で四大大会2勝目をあげた大坂は、世...

...してくれる」 大坂は昨年の全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランド スラム)と今年の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)で優勝を飾るも、先月のウィンブルド...

ページの先頭へ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!