国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

シナー「今朝すでに調子悪かった」

ヤニック・シナー
準々決勝で敗れたシナー
画像提供: ゲッティイメージズ
テニスのウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)は9日、男子シングルス準々決勝が行われ、第1シードのJ・シナー(イタリア)は第5シードのD・メドベージェフに7-6 (9-7), 4-6, 6-7 (4-7), 6-2, 3-6の4時間に及ぶフルセットの死闘の末に敗れ準々決勝敗退となった。試合後にシナーは「今朝はすでに調子が悪かった」と明かした。

>>アルカラス、ジョコビッチらウィンブルドン組合せ<<

>>【動画】世界1位シナー撃破!メドベージェフ勝利の瞬間!<<

22歳で世界ランク1位のシナーが同大会に出場するのは4年連続4度目。最高成績は昨年のベスト4となっている。

第1シードとして迎える初の四大大会となった今大会では、1回戦で世界ランク110位のY・ハンフマン(ドイツ)、2回戦で同59位のM・ベレッティーニ(イタリア)、3回戦で同52位のM・キツマノビッチ(セルビア)、4回戦で第14シードのB・シェルトン(アメリカ)を下し8強入りした。

世界ランク5位のメドベージェフとの顔合わせとなった準々決勝の第1セット、両者相手にブレークを許さずキープを続けタイブレークに突入。タイブレークでは両者ダブルフォルトやアンフォーストエラーが目立つ展開となるも、1度のセットポイントをしのいだシナーが競り勝ち先行する。

続く第2セット、シナーは第3ゲームでブレークポイントを握られるとラリー戦でメドベージェフにポイントを奪われ先にブレークを許す。その後シナーはメドベージェフからブレークバックを果たせず1セットオールに追いつかれる。

第3セット、シナーは第3ゲームでミスが重なりメドベージェフにブレークされる。このゲーム終了後、体調が優れない様子のシナーはメディカルタイムアウトを取得。一度コートを離れ、処置を受けた。シナーはその後プレーに戻り、第10ゲームでブレークバックを果たすも、タイブレークの末にこのセットを落とし、セットカウント1-2と後がなくなる。

それでも第4セット、シナーはファーストサービス時に85パーセントの確率でポイントを獲得しメドベージェフにブレークポイントを与えず、リターンゲームでは2度のブレークを奪い2セットオールに追いつく。

しかしファイナルセット、シナーは第4ゲームでブレークポイントを握られる。そしてこの場面でフォアハンドをミスし先にブレークを許したシナーは、その後追いつくことができずフルセットの死闘の末に力尽きた。

男子プロテニス協会のATP公式サイトには第3セット途中でメディカルタイムアウトを取得した経緯や体調についてのコメントが掲載されている。

「今朝はすでに調子が悪かったんだ。疲労もあって、タフだった。でも、ダニール(メドベージェフ)から何も奪うことはできなかった。彼はとても賢くプレーしていたと思う。いいテニスをしていた。それで終わりだ。僕はコートの外に出たくなかったんだ。でも、理学療法士に時間をかけたほうがいいと言われた。体力的に苦しかった。簡単な瞬間ではなかったね。今日持っているもので戦おうとしたんだ」

「リタイアは考えていなかった。観客が背中を押してくれたから。グランドスラムの準々決勝でリタイアはしたくないからね」

「負けを飲み込むのは難しいけど、今シーズンはとてもポジティブに進んでいる。負けたとしてもとてもタイトな試合だ。レベルはある。それが一番大事なこと」

勝利したメドベージェフは準決勝で第3シードのC・アルカラス(スペイン)と対戦する。アルカラスは準々決勝で第12シードのT・ポール(アメリカ)を下しての勝ち上がり。

[PR]ウィンブルドンテニス
7/15(月・祝)までWOWOWで連日生中継!
WOWOWオンデマンドでは日本人選手の全試合をライブ配信予定!


■WOWOWオンデマンドはこちら>


【ニューエラ】最新テニスキャップ・Tシャツ
■公式ストアで発売中>


■関連ニュース

・17歳の齋藤 咲良 ITF大会で優勝
・ウィンブルドン賞金 10年で2倍に
・錦織 圭 棄権理由は「右足首負傷」

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2024年7月10日9時27分)

その他のニュース

7月24日

錦織圭 パリ五輪会場で練習 (8時00分)

元世界1位マレー 現役引退を表明 (7時34分)

7月23日

西岡86位 22日付日本勢世界ランク (15時43分)

柴原瑛菜 シングルスツアー初白星 (14時45分)

大坂102位、内島は自己最高位へ (13時43分)

東京五輪銀メダリストがパリ欠場へ (11時50分)

ダニエル、ジョコと練習「夢みたいな貴重な経験」 (11時03分)

20歳が初のトップ20へ (9時56分)

世界7位が五輪欠場、傷癒えず (8時27分)

西岡良仁 ストレート勝ちで初戦突破 (7時29分)

7月22日

30歳で悲願のツアー初優勝 (22時02分)

第2シードの本玉真唯が初戦突破 (21時01分)

西岡良仁 初戦は予選勝者に (19時07分)

熱戦制し2連覇「厳しい試合」 (17時59分)

飛躍の20歳 全サーフェスV達成 (14時24分)

復帰後早くも2度目V「信じられない」 (12時14分)

ダニエル太郎 ジョコと五輪に向け練習 (11時10分)

20歳フィスがズベレフ破り2度目V (9時35分)

ナダル撃破しツアー初V「感動」 (8時42分)

ナダル準Vも「満足できない」 (7時42分)

7月21日

19歳 リターン無双、2年連続決勝進出 (20時02分)

今井慎太郎V 高額賞金「ありがたい」 (19時20分)

西郷里奈が高額賞金大会V (18時21分)

チチパス下し今季3度目の決勝進出 (13時31分)

ナダルと決勝「夢のよう」 (11時53分)

望月慎太郎 6連敗 遠い白星 (10時42分)

ズベレフ 快勝で2連覇王手 (9時01分)

ナダル 131度目の決勝進出、復活V王手 (8時20分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!