国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

空港での熱戦制し2戦連続決勝へ

ドミニク・ティーム
空港特設スタジアムで戦うティーム
画像提供: ゲッティイメージズ
テニスのエキシビションマッチ「ベット1 ACES」(ドイツ/ベルリン、ハード)の第2戦は18日、男子シングルス準決勝が行われ、第1シードのD・ティーム(オーストリア)T・ハース(ドイツ)を7-6 (7-4), 6-3のストレートで破り、決勝進出を果たした。

>>YouTube テニス365チャンネル<<

>>【YouTube】加藤 未唯と爆笑トーク、犠牲にした青春時代とは<<

同イベントはベルリンにあるシュテフィ・グラフ・スタジアム(芝)とテンペルホーフ空港の特設スタジアム(ハード)で開催。男女プロ選手6名ずつが出場する。

同大会は第1戦、第2戦ともに第1シードと第2シードが1回戦免除となっており、4選手が初戦を戦い、勝利するとシード選手と準決勝で顔を合わせる組み合わせ。

テンペルホーフ空港で行われた第2戦の準決勝、ティームは10本のサービスエースを決めるなど、元世界ランク2位のハース攻め立てると、リターンゲームでは2度のブレークに成功。1時間34分で決勝への切符を手に入れた。

また、15日まで開催していたシュテフィ・グラフ・スタジアムでの第1戦でM・ベレッティーニ(イタリア)を決勝で下していたティームは、2戦連続の決勝進出となった。

優勝をかけて、ティームは決勝で世界ランク73位のJ・シナー(イタリア)と顔を合わせる。18歳のシナーは準決勝で第2シードのR・バウティスタ=アグ(スペイン)をストレートで下しての勝ち上がり。

同日には女子シングルス準決勝も行われ、E・スイトリナ(ウクライナ)を破ったA・セバストバ(ラトビア)とM・ペトコビッチを下したP・クヴィトバ(チェコ)が決勝へ駒を進めた。

[PR]「テニスツアー再開!全米OP開幕!優勝で振り返る錦織圭大坂なおみ、これまでの偉業」
テニスツアー再開と全米オープン開催決定を記念し、錦織圭・大坂なおみが残した数々の優勝シーンをプレーバック!日本が誇る2人のすごさをあらためて見つめ直す特別番組をWOWOWで無料放送。

【放送日】
8/2(日)午後5:00 ※無料放送

■詳細・放送スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・42歳ハース出場も4強ならず
・キリオス、ティーム発言に怒り
・コロナから回復 コート練習再開

■おすすめコンテンツ

・テニススクール コンシェルジュ
・レンタルコート予約
・世界ランキング
(2020年7月19日11時48分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!