- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

波乱の幕開け 史上初の初戦敗退

テニスの全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)は大会初日の27日、女子シングルス1回戦が行われ、世界ランク1位で第1シードのS・ハレプ(ルーマニア)が同44位のK・カネピ(エストニア)に2-6, 4-6のストレートで敗れ、波乱の幕開けとなった。全米オープンで女子シングルスの第1シードが初戦で敗れるのは史上初。

>>錦織vsマーテラー 1ポイント速報<<

>>錦織ら全米OP対戦表<<

>>西岡vsフェデラー 1ポイント速報<<

>>大坂ら全米OP対戦表<<

この日、序盤から元世界ランク15位のカネピの強打に押された女王のハレプは得意のラリー戦で主導権を握ることができなかった。第2セットではラケットを叩きつけ、不満を爆発させた。

1時間16分で敗れたハレプは、試合後の会見で「今日は負けてしまった。いいテニスができなかったけど、彼女(カネピ)は素晴らしいプレーをしていた。彼女がここでいいプレーをするのは分かっていた。去年はベスト8までいっていた。今日はバランスが掴めなかった。いいテニスができなかっただけ」と肩を落とした。

続けてハレプは、勝者のカネピに脱帽していた。

「(カネピは)とても強かった。最初の数ゲームからタフだった。何も恐れることはないプレーをしてくるとは思っていたし、とても強くボールを打っていた。今日の試合について、あまり言うことはない。ただ、ボールをうまく感じられなかった。でも同時に、彼女は本当に強いプレーをしていたし、押されてしまった。だからタフな試合になった」

「彼女はとても強い選手だから、いい結果を出すチャンスはあると思う。彼女とは2度目の対戦で、いつもパワフルなテニスをすると感じていた。だから今日の結果も想像できた。この大会で上位へいけるテニスを彼女はしている。とてもタフなドローだった。コーチのダレンも最初にタフなドローだと言っていたから、これくらい厳しいものになるのは分かっていた」

今年6月の全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)で四大大会初優勝を飾ったハレプは、前哨戦のロジャーズ・カップ(カナダ/モントリオール、ハード、プレミア5)で優勝、続くW&Sオープン(アメリカ/シンシナティ、ハード、プレミア5)は準優勝、前週のコネチカット・オープン(アメリカ/ニューヘイブン、ハード、WTAプレミア)は棄権していた。

一方、ハレプを破る金星をあげた元世界ランク15位のカネピは、2回戦で予選勝者のJ・ティヒマン(スイス)と対戦する。

「全米オープンテニス」をWOWOWにて連日独占生中継!大会第5日ナイトセッション(9月1日午前7:30〜、WOWOWライブ)は無料放送!

【放送予定】
8月27日(月)〜9月10日(月)

■詳細・配信スケジュールはこちら>






■関連ニュース

・錦織 ワウリンカと打ち合う
・錦織「30歳までに優勝したい」
・錦織11位 20日付最終戦ランク

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報
(2018年8月28日10時49分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!