- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ツアー初Vの選手特集 第2弾

アンドレイ・ルブレフ
全米OPのアンドレイ・ルブレフ
画像提供: tennis365.net
男子プロテニス協会のATPは18日に公式サイトで、2017年にツアー初優勝を飾った3選手を紹介した。

【アンドレイ・ルブレフ(クロアチアOP)】

7月に行われたプラバラグナ・クロアチア・オープン(クロアチア/ウマグ、レッドクレー、ATP250)でA・ルブレフ(ロシア)は予選で敗退したが、B・チョリッチ(クロアチア)の棄権によりラッキールーザーで本戦の切符を手にする。その幸運を活かして勝ち上がり、決勝ではP・ロレンジ(イタリア)を6-4, 6-2で下してツアー初のタイトルを獲得した。

ルブレフはラッキールーザーから優勝を飾った7人目の選手となり、これは2009年7月でホール・オブ・フェーム選手権(アメリカ/ニューポート、芝、ATP250)でタイトルを獲得したR・ラム(アメリカ)以来。

この優勝をきっかけにルブレフは飛躍し、全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)でベスト8進出。今季新設された21歳以下の最終戦ネクスト・ジェネレーションATPファイナルズ(イタリア/ミラノ、室内ハード)でも決勝へ進み、チョン・ヒョン(韓国)に敗れるも準優勝を飾った。


【ピーター・ゴヨブジク(モゼールOP)】

当時世界ランク95位だったP・ゴヨブジク(ドイツ)は、9月のモゼール・オープン(フランス/メッツ、室内ハード、ATP250)に予選から決勝へ進出。地元の声援を受けるB・ペール(フランス)を決勝で破り、ツアー初優勝を手にした。プロテニス人生11年目のゴヨブジクは、8日間で7試合を勝ち抜いた。

ゴヨブジクは2014年に自己最高の世界ランク79位を記録したが、けがを負いツアーから離脱。今年も右足の手術を受けるなどけがに泣かされたことからフィットネス・トレーナーと共にツアーを回り始め、世界ランク60位でシーズンを終えた。


【ダミール・ズムル(サンクトペテルブルクOP)】

D・ズムル(ボスニア)は8月に出場したウィンストン・セーラム・オープン(アメリカ/ウィンストン・セーラム、ハード、ATP250)で決勝進出。しかし、決勝は緊張から自身のプレーを発揮できずR・バウティスタ=アグ(スペイン)に敗れていた。

その後、9月のサンクトペテルブルク・オープン(ロシア/サンクトペテルブルク、室内ハード、ATP250)では同じ過ちを繰り返さなかった。決勝ではF・フォニーニ(イタリア)を3-6, 6-4, 6-2の逆転で下して初優勝を飾ると同時に、ボスニア・ヘルツェゴビナ出身の選手で初めてATPツアー・タイトルを獲得した選手となった。

ズムルは10月のVTBクレムリン・カップ(ロシア/モスクワ、インドアハード、ATP250)でも決勝でR・ベランキス(リトアニア)を6-2, 1-6, 6-4のフルセットで退け、2度目の優勝を飾った。

現在25歳のズムルは11月に自己最高の世界ランク30位を記録し、2017年を終えた。






■関連ニュース■

・珍事 猫がコート乱入で中断
・ラケット4本破壊で初戦敗退
・ATP 杉田ら初Vを特集
(2017年12月19日15時09分)

その他のニュース

1月25日

【告知】ナダル、キリオスら3回戦 (12時12分)

錦織 2月NYオープン欠場 (11時12分)

死闘フェデラー「タフだった」 (9時53分)

ジョコ「西岡を走らせた」 (9時31分)

大坂撃破ガウフ「証明できた」 (1時45分)

1月24日

フェデラー 劇的勝利で16強 (22時58分)

【1ポイント速報】フェデラーvsミルマン (20時38分)

西岡 ジョコに完敗「勝てない」 (20時25分)

大坂「みんなに申し訳ない」 (19時38分)

大坂敗退 全豪OP連覇ならず (18時23分)

【1ポイント速報】大坂なおみvsガウフ (17時00分)

セリーナ「勝てる試合だった」 (16時12分)

ジョコ完勝「サーブよかった」 (15時40分)

西岡良仁 ジョコビッチに完敗 (15時22分)

大坂なおみ 3回戦へ最終調整 (15時07分)

涙ウォズニアッキ 現役引退へ (13時51分)

【1ポイント速報】西岡vsジョコビッチ (13時30分)

日比野/二宮 土居組と複で激突 (13時08分)

【ヘッド】「大変貌を遂げた赤いプレステージ5機種の全貌」 (12時10分)

西岡良仁 ジョコ戦へ最終調整 (10時50分)

1月23日

ナダル、ボール直撃でお詫び (22時26分)

ナダル 全豪14度目の3回戦へ (21時54分)

森林火災の豪へチャリティー企画 (21時50分)

杉田撃破「準備できてた」 (19時43分)

杉田 敗退も「自信になってる」 (18時37分)

【1ポイント速報】ナダルvsデルボニス (18時30分)

杉田祐一 全豪OP2回戦敗退 (16時53分)

【1ポイント速報】杉田祐一vsルブレフ (14時50分)

鼻血出るアクシデントも勝利 (14時39分)

フェデラー Forbesの表紙に (14時10分)

全豪で引退ウォズニアッキ勝利 (12時33分)

苦戦も全豪2年連続3回戦へ (11時23分)

全豪OP 悪天候で開始時間遅延 (9時57分)

1月22日

フェデラー 全豪21年連続3回戦へ (20時32分)

土居美咲 全豪複で初戦突破 (19時46分)

日比野 全豪OP2回戦敗退 (19時23分)

伊藤竜馬 ジョコに敗れる (18時44分)

【1ポイント速報】フェデラーvsクライノビッチ (18時30分)

大坂戦へ ガウフ「自信ある」 (18時19分)

ジョコビッチ 西岡良仁を警戒 (17時32分)

大坂「とてもイライラした」 (16時10分)

西岡「ジョコ弱点少ない」 (15時41分)

西岡 3回戦はジョコビッチ (14時23分)

【1ポイント速報】伊藤竜馬vsジョコビッチ (13時54分)

大坂 全豪3回戦は15歳ガウフ (13時43分)

西岡 四大大会初の3回戦進出 (13時33分)

【1ポイント速報】全豪OP2回戦 (11時20分)

大坂 全豪4度目の3回戦進出 (10時34分)

【1ポイント速報】大坂vsサイサイ (10時26分)

大坂 2回戦へ向け最終調整 (7時11分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!