- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

フェデラー撃破 「実感ない」

男子テニスのゲリー・ウェバー・オープン(ドイツ/ハーレ、芝、ATP500)は18日、シングルス準決勝が行われ、A・ズベレフ(ドイツ)が大会4連覇を狙っていた第1シードのR・フェデラー(スイス)を7-6 (7-4), 5-7, 6-3のフルセットで下し、初優勝をかけて今季2度目の決勝戦進出を果たした。

>>ゲリー・ウェバーOP対戦表<<

19歳のズベレフは地元の声援を受け、大会史上最多8度の優勝を誇る世界ランク3位のフェデラーを破る自身最大の勝利を飾ると同時に、ATPツアー初優勝をかけて決勝進出を果たした。

グランドスラム最多の17度の優勝を誇るフェデラーだが、今季は膝の手術を受けたり、腰の怪我で全仏オープンを欠場するなど怪我に泣かされるシーズンを送っており、未だタイトル獲得に至っていない。

フェデラーは今大会、これまで2007年・2009年・2011年の欠場を除き、2003年から出場10度連続で決勝進出を果たしてきたが、今年は準決勝で大会を去る結果となった。

ズベレフは「まだ全く実感していない。こうしてここに勝者として立っていることを。昨日はそんなこと想像もしていなかった。」と、今回の勝利にただただ驚いていた。

フェデラーは10代の選手に敗退したのは、2006年のW&Sマスターズ(アメリカ/シンシナティ、ハード、ATP1000)の2回戦で当時19歳だったA・マレー(英国)に敗れて以来、約10年ぶりのこととなった。

現在世界ランク38位のズベレフは、10代の選手として最高位にいる選手で、フェデラーと初めて対戦した今年5月のBNLイタリア国際男子(イタリア/ローマ、レッドクレー、ATP1000)では、ストレートでフェデラーが勝利を飾っていた。

第1セットは両者ブレークポイントを相手に握らせず、タイブレークへともつれると、サービスエースでセットポイントを握ったズベレフがそれを取りきり、第1セットを先取した。

第2セットは、ゲームカウント5ー5からの第11ゲームで、フェデラーは鮮やかなドロップショットを放つと、ズベレフは足を滑らせコートへ倒れ込み、この試合初となるブレークを奪うと、そのセットを奪い返し勝敗の行方は第3セットへと持ち込まれた。

第3セットでは、第6ゲームでフェデラーのバックハンドが大きくアウトになると、ズベレフが初めてフェデラーからブレークを奪い、マッチポイントではサービスエースを決めて勝利をものにした。ズベレフは試合を通して39本のウィナーを決め、8本のサービスエースを記録していた。

ズベレフはATPツアー初優勝をかけて、決勝ではF・マイヤー(ドイツ)と対戦する。マイヤーはこの日、第3シードのD・ティエムを6-3, 6-4のストレートで下しての勝ち上がり。今大会、決勝戦でドイツ人対決となるのは、2011年以来のこととなる。

32歳のマイヤーは太ももの筋断裂のために思うようにツアーを回れず現在は世界ランクも192位にまで落としており、今大会はプロテクト・ランキングを用いての出場だった。そして2011年のブカレスト大会での初優勝以来となる決勝進出を果たした。

全仏オープンで自身初となるグランドスラムでのベスト4進出を決め、初のトップ10入りを果たしたティエムは、前週に行われたメルセデス・カップ(ドイツ/シュトゥットガルト、グラス、ATP250)では、準決勝でフェデラーを破り優勝を飾って今大会へ臨んでいた。

(STATS - AP)






■関連ニュース■ 

・ナダル ズベレフは「将来1位」
・将来の王者候補ズベレフ勝利
・後悔 ズベレフ「決め急いだ」
(2016年6月19日11時54分)

その他のニュース

1月23日

ナダル、ボール直撃でお詫び (22時26分)

ナダル 全豪14度目の3回戦へ (21時54分)

森林火災の豪へチャリティー企画 (21時50分)

杉田撃破「準備できてた」 (19時43分)

杉田 敗退も「自信になってる」 (18時37分)

【1ポイント速報】ナダルvsデルボニス (18時30分)

【告知】西岡vsジョコビッチ (17時14分)

【告知】大坂vsガウフ (16時59分)

杉田祐一 全豪OP2回戦敗退 (16時53分)

【1ポイント速報】杉田祐一vsルブレフ (14時50分)

鼻血出るアクシデントも勝利 (14時39分)

フェデラー Forbesの表紙に (14時10分)

全豪で引退ウォズニアッキ勝利 (12時33分)

苦戦も全豪2年連続3回戦へ (11時23分)

全豪OP 悪天候で開始時間遅延 (9時57分)

1月22日

フェデラー 全豪21年連続3回戦へ (20時32分)

土居美咲 全豪複で初戦突破 (19時46分)

日比野 全豪OP2回戦敗退 (19時23分)

伊藤竜馬 ジョコに敗れる (18時44分)

【1ポイント速報】フェデラーvsクライノビッチ (18時30分)

大坂戦へ ガウフ「自信ある」 (18時19分)

ジョコビッチ 西岡良仁を警戒 (17時32分)

大坂「とてもイライラした」 (16時10分)

西岡「ジョコ弱点少ない」 (15時41分)

西岡 3回戦はジョコビッチ (14時23分)

【1ポイント速報】伊藤竜馬vsジョコビッチ (13時54分)

大坂 全豪3回戦は15歳ガウフ (13時43分)

西岡 四大大会初の3回戦進出 (13時33分)

【1ポイント速報】全豪OP2回戦 (11時20分)

大坂 全豪4度目の3回戦進出 (10時34分)

【1ポイント速報】大坂vsサイサイ (10時26分)

大坂 2回戦へ向け最終調整 (7時11分)

1月21日

杉田祐一「ギア上げたい」 (22時01分)

土居美咲 死闘の末に全豪敗退 (21時02分)

シャラポワ「来年分からない」 (20時10分)

内山「まだ100%ではない」 (18時20分)

杉田祐一 全豪2年ぶり初戦突破 (17時53分)

【1ポイント速報】全豪OP1回戦 (17時00分)

伊藤竜馬「ジョコ壁みたい」 (16時42分)

日比野菜緒「満足してない」 (15時57分)

ナダル圧勝 11年ぶりVへ好発進 (15時12分)

けがから復帰の内山は敗退 (14時47分)

チリッチ 快勝で初戦突破 (12時35分)

【1ポイント速報】ナダルvsデリエン (11時24分)

日比野菜緒 全豪OP初の2回戦へ (11時10分)

伊藤竜馬 7年ぶり初戦突破 (10時43分)

1月20日

ジョコ 900勝達成で初戦突破 (21時51分)

【1ポイント速報】ジョコvsシュトルフ (21時20分)

バーティ 序盤苦戦も初戦突破 (19時30分)

今大会で引退 快勝で初戦突破 (17時04分)

セリーナ 19度目の初戦突破 (16時25分)

15歳ガウフ 全豪OP初勝利 (15時42分)

西岡勝利「負けられない」 (15時42分)

大坂「前年V精神ではない」 (14時54分)

フェデラー 21年連続初戦突破 (13時55分)

西岡 全豪OP4年連続初戦突破 (12時02分)

【1ポイント速報】フェデラーvsジョンソン (12時00分)

大坂 全豪5年連続の初戦突破 (10時38分)

【1ポイント速報】大坂vsブズコバ (10時28分)

錦織 世界ランク18位へ後退 (8時03分)

大坂 初戦へ向け最終調整 (7時26分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!