- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ジョコ 半世紀ぶりの偉業狙う

テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)に出場する世界ランク1位のN・ジョコビッチ(セルビア)は、未だ獲得していない全仏オープンでの優勝によって、これまで7人しか成し遂げていない生涯グランドスラム達成を狙う。

ジョコビッチはこれまで、全仏オープンの優勝トロフィーである「クペ・デ・ムスカテール」獲得まであと一歩だった。過去4年間で3度の準優勝を飾っている。

昨年の決勝戦でジョコビッチを下して優勝したS・ワウリンカ(スイス)は、その後の優勝スピーチで「彼(ジョコビッチ)が全仏のタイトルを狙っているのは分かっている。いつか手にすることが出来ると願っている。なぜなら、彼はそれに値する選手だから。」とジョコビッチについて語っていた。

今年はジョコビッチにとって更にその思いが強いと言われている。昨年のウィンブルドンから、グランドスラムでは21連勝中のノーレ(ジョコビッチのニックネーム)は、今回優勝すればグランドスラム4大会連続優勝を飾ることとなり、男子テニスでは実に約半世紀ぶりの偉業達成となるからだ。

R・フェデラー(スイス)でさえ達成していない。ましてや、R・ナダル(スペイン)P・サンプラス(アメリカ)、そしてB・ボルグ(スウェーデン)さえも成し得なかったこと。

最後にグランドスラム4大会連続優勝を達成したのは、R・レーバー(オーストラリア)だった。それは1969年にまで遡り、その時レーバーは同時に年間グランドスラムも達成していた。

昨年のウィンブルドン、全米オープン、そして今年の全豪オープンを制しているジョコビッチは、今回の全仏オープンで優勝すると年間グランドスラム達成となる。女子世界ランク1位のS・ウィリアムズ(アメリカ)が2度達成した時に「セリーナ・スラム」と呼ばれたのに対し、ジョコビッチは「ノーレ・スラム」と呼ばれるだろう。

ジョコビッチは昨年からの絶好調を現在も維持している。その強さはどんなサーフェースでもどんな状況でも発揮しており、2015年から現在まで、グランドスラム含め全ての大会でジョコビッチは119勝9敗の戦績で、その勝率は9割3分にも上り、16大会で優勝を飾っていた。

今シーズンだけを見ても、37勝3敗で既に5度の優勝を上げている。

「今の自信はとても高いレベルにある。それは、今年ここまで本当にたくさんの試合に勝っているから生まれている。しかも、クレーコート含め全てのサーフェースで勝ちとっている。」と、揺るぎない自信を覗かせていた。

ジョコビッチが全仏オープンへ向けての最後の調整大会だったのが、先週行われたBNLイタリア国際男子(イタリア/ローマ、レッドクレー、ATP1,000)だったが、決勝戦ではA・マレー(英国)の前にストレートで敗れていた。

しかし準優勝ながら、ジョコビッチ本人はあまり気にしていないと語っていた。ジョコビッチは決勝戦までの長く厳しい戦いからエネルギーが残っていなかったのを分かっていた。準々決勝ではナダルと2時間を越える試合をし、準決勝では錦織圭と3時間を越える試合を強いられていた。

「決勝戦での敗戦によって、不安になったり落ち込んだりしたりはしていない。もちろん、負けるのは好きではないけどね。」とジョコビッチ。「全仏オープンへ向けて、出来れば健康でフレッシュな気持ちで臨めたらと思いながらパリへ向かうよ。」と、精神的な部分より肉体的に万全な状態で試合へ臨めることを願っていた。

昨年の全仏オープンでジョコビッチは、準々決勝でナダルを下していた。それは、全仏オープンで他を圧倒する強さを見せ9度もの優勝を誇るナダルにとって、2度目の敗戦だった。

かつては「クレー・キング」の称号を持っていたナダルがそのクレーでも苦戦を強いられる一連のスランプの1つにもなっていた。そんなナダルだが、今年は徐々に復活を印象付けるプレーを見せ始めている。

そんなナダルが今年の全仏オープンで上位進出しても誰も不思議だとは思わないだろう。同時に同じことがマレーにも言える。かつては苦手としていたクレーコートで昨年から現在まで3大会で優勝を飾るなど目覚ましい躍進を遂げているからだ。

世界ランク2位のマレーは「クレーコートで最近残せているような成績を出せるなどとは思っていなかった。」と、クレーコートでの成長を実感していた。

(STATS - AP)






■関連ニュース■ 

・ジョコ 錦織との準決勝語る
・ジョコ抗議「続けたくない」
(2016年5月19日11時42分)

その他のニュース

1月25日

キリオス 死闘制し全豪16強 (21時59分)

【告知】ジョコ、フェデラーら4回戦 (21時56分)

【1ポイント速報】全豪OP3回戦 (16時57分)

プリスコバ敗退「驚きない」 (16時49分)

ナダル完勝 全豪13度目16強 (15時19分)

土居組 日比野/二宮を破る (12時48分)

錦織 2月NYオープン欠場 (11時12分)

死闘フェデラー「タフだった」 (9時53分)

ジョコ「西岡を走らせた」 (9時31分)

大坂撃破ガウフ「証明できた」 (1時45分)

1月24日

フェデラー 劇的勝利で16強 (22時58分)

【1ポイント速報】フェデラーvsミルマン (20時38分)

西岡 ジョコに完敗「勝てない」 (20時25分)

大坂「みんなに申し訳ない」 (19時38分)

大坂敗退 全豪OP連覇ならず (18時23分)

【1ポイント速報】大坂なおみvsガウフ (17時00分)

セリーナ「勝てる試合だった」 (16時12分)

ジョコ完勝「サーブよかった」 (15時40分)

西岡良仁 ジョコビッチに完敗 (15時22分)

大坂なおみ 3回戦へ最終調整 (15時07分)

涙ウォズニアッキ 現役引退へ (13時51分)

【1ポイント速報】西岡vsジョコビッチ (13時30分)

日比野/二宮 土居組と複で激突 (13時08分)

【ヘッド】「大変貌を遂げた赤いプレステージ5機種の全貌」 (12時10分)

西岡良仁 ジョコ戦へ最終調整 (10時50分)

1月23日

ナダル、ボール直撃でお詫び (22時26分)

ナダル 全豪14度目の3回戦へ (21時54分)

森林火災の豪へチャリティー企画 (21時50分)

杉田撃破「準備できてた」 (19時43分)

杉田 敗退も「自信になってる」 (18時37分)

【1ポイント速報】ナダルvsデルボニス (18時30分)

杉田祐一 全豪OP2回戦敗退 (16時53分)

【1ポイント速報】杉田祐一vsルブレフ (14時50分)

鼻血出るアクシデントも勝利 (14時39分)

フェデラー Forbesの表紙に (14時10分)

全豪で引退ウォズニアッキ勝利 (12時33分)

苦戦も全豪2年連続3回戦へ (11時23分)

全豪OP 悪天候で開始時間遅延 (9時57分)

1月22日

フェデラー 全豪21年連続3回戦へ (20時32分)

土居美咲 全豪複で初戦突破 (19時46分)

日比野 全豪OP2回戦敗退 (19時23分)

伊藤竜馬 ジョコに敗れる (18時44分)

【1ポイント速報】フェデラーvsクライノビッチ (18時30分)

大坂戦へ ガウフ「自信ある」 (18時19分)

ジョコビッチ 西岡良仁を警戒 (17時32分)

大坂「とてもイライラした」 (16時10分)

西岡「ジョコ弱点少ない」 (15時41分)

西岡 3回戦はジョコビッチ (14時23分)

【1ポイント速報】伊藤竜馬vsジョコビッチ (13時54分)

大坂 全豪3回戦は15歳ガウフ (13時43分)

西岡 四大大会初の3回戦進出 (13時33分)

【1ポイント速報】全豪OP2回戦 (11時20分)

大坂 全豪4度目の3回戦進出 (10時34分)

【1ポイント速報】大坂vsサイサイ (10時26分)

大坂 2回戦へ向け最終調整 (7時11分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!