- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

アザレンカV「ピザ食べたい」

女子テニスのマイアミ・オープン女子(アメリカ/マイアミ、ハード、プレミアマンダトリー)は2日、シングルス決勝戦が行われ、第13シードのV・アザレンカ(ベラルーシ)が第15シードのS・クズネツォワ(ロシア)を6-3, 6-2のストレートで下し、2大会連続優勝を果たした。

2度のグランドスラム優勝を持つ元世界ランク1位のアザレンカは怪我からの復活を遂げ、前週のBNPパリバ・オープン女子決勝で世界ランク1位のS・ウィリアムズ(アメリカ)を下してタイトルを獲得し、トップ10へ返り咲いていた。

そして、この日の勝利で準グランドスラムと呼ばれるBNPパリバ・オープン女子とマイアミ・オープン女子の2大会連続優勝を飾った3人目の選手となった。1994年と1996年にはS・グラフ(ドイツ)、2005年にはK・クレイステルス(ベルギー)が達成している。

「そんな素晴らしいチャンピオンと肩を並べられたことは本当に光栄。この優勝は、もっと激しい練習を続けようとする刺激となり、更なるモチベーションへつながる。それくらい最高の気持ち。」とアザレンカは優勝セレモニーで喜びを話した。

今大会でアザレンカは1セットも落とさない圧倒的な強さを見せ、2011年以来のタイトルを獲得した。

足の怪我のために2014年にはトップ30からも脱落していたが、今回の優勝で週明けに発表される最新の世界ランキングではトップ5への返り咲く。

準優勝者のスピーチでクズネツォワは中南米のファンへスペイン語でスピーチし、会場を沸かせる一幕もあった。

「ヴィクトリア(アザレンカ)へ、今年ここまでの素晴らしい成績と、この4週間の功績を祝福したい。」と英語でアザレンカを称賛した。

これでアザレンカは、今季の成績を22勝1敗とした。唯一の敗戦は、全豪オープンの準々決勝でA・ケルバー(ドイツ)に敗退。しかし今大会の準決勝では、そのケルバーを下しリベンジを果たしていた。

クズネツォワは、今大会8度の優勝を誇るセリーナを4回戦で下す金星を飾り、その後も好調を維持して決勝戦へと勝ち進んでいた。しかし、この日は暑さのためかミスが目立ち、アザレンカに屈した。

「最高のプレーは出来なかった。お互い疲労がたまっていたけど、やれることは全てやったつもり。」とクズネツォワは、ベストを尽くしたことを明かした。

31度まで上昇したこの日の気温の中での試合は、最初の9ゲーム中8ゲームがブレーク合戦となるなど、両者サービスに苦しむ展開だった。アザレンカはイライラからボールを蹴飛ばしたり、観客席へ叩き込んだりしてしまい、主審から警告をとられるほどだった。

「本当に最悪のコンディションだった。ボールが飛んでいってしまった。」とアザレンカは苦しい状況だったことを語った。

第1セットでは、アザレンカが1ゲームだけサービスをキープし、このセットの先取。すると徐々に流れはアザレンカへ傾き、クズネツォワは疲労の色が隠せなくなっていた。最後のゲームでは頭上に上がったボールをスマッシュするも、ネットへかけてしまうほどだった。

クズネツォワは第1セットで1ゲームもサービスをキープ出来ず、第2セットでも4ゲーム中2ゲームしかキープ出来なかった。そして、試合を通して放ったウィナーもクズネツォワの8本に対してアザレンカは23本だった。

セリーナは昨年の8月から優勝を飾れていないが、それでも要注意選手だとクズネツォワは語る。

「今後、セリーナがどんなプレーをしてくるか、注意する必要がある」

そんなセリーナに対して、世界ランク1位の座を争うバトルは、ハードコートからクレーコートへと移る。それはアザレンカがあまり得意としていないサーフェスでもある。アザレンカは、これまで9度出場した全仏オープンで一度も決勝へ勝ち進めていない。

アザレンカは「今の自分のテニスは本当に良いもので、クレーコートにも有効だと感じている。スライドフットワークに磨きをかけて、もうちょっと練習が必要だと思っているけど、クレーコートでの戦いにも楽しみにしている。」と話した。

それでも今は、この優勝のお祝いをしたいと語り「これからピザを食べるつもり。」とプライベートな一面も覗かせた。

(STATS - AP)






■関連ニュース■ 

・アザレンカ 2大会連続V達成
・アザレンカ、セリーナ破りV
・元女王アザレンカ 怪我再発か
(2016年4月3日14時42分)

その他のニュース

1月25日

錦織 2月NYオープン欠場 (11時12分)

死闘フェデラー「タフだった」 (9時53分)

ジョコ「西岡を走らせた」 (9時31分)

大坂撃破ガウフ「証明できた」 (1時45分)

1月24日

フェデラー 劇的勝利で16強 (22時58分)

【1ポイント速報】フェデラーvsミルマン (20時38分)

西岡 ジョコに完敗「勝てない」 (20時25分)

大坂「みんなに申し訳ない」 (19時38分)

大坂敗退 全豪OP連覇ならず (18時23分)

【1ポイント速報】大坂なおみvsガウフ (17時00分)

セリーナ「勝てる試合だった」 (16時12分)

ジョコ完勝「サーブよかった」 (15時40分)

西岡良仁 ジョコビッチに完敗 (15時22分)

大坂なおみ 3回戦へ最終調整 (15時07分)

涙ウォズニアッキ 現役引退へ (13時51分)

【1ポイント速報】西岡vsジョコビッチ (13時30分)

日比野/二宮 土居組と複で激突 (13時08分)

【ヘッド】「大変貌を遂げた赤いプレステージ5機種の全貌」 (12時10分)

西岡良仁 ジョコ戦へ最終調整 (10時50分)

1月23日

ナダル、ボール直撃でお詫び (22時26分)

ナダル 全豪14度目の3回戦へ (21時54分)

森林火災の豪へチャリティー企画 (21時50分)

杉田撃破「準備できてた」 (19時43分)

杉田 敗退も「自信になってる」 (18時37分)

【1ポイント速報】ナダルvsデルボニス (18時30分)

杉田祐一 全豪OP2回戦敗退 (16時53分)

【1ポイント速報】杉田祐一vsルブレフ (14時50分)

鼻血出るアクシデントも勝利 (14時39分)

フェデラー Forbesの表紙に (14時10分)

全豪で引退ウォズニアッキ勝利 (12時33分)

苦戦も全豪2年連続3回戦へ (11時23分)

全豪OP 悪天候で開始時間遅延 (9時57分)

1月22日

フェデラー 全豪21年連続3回戦へ (20時32分)

土居美咲 全豪複で初戦突破 (19時46分)

日比野 全豪OP2回戦敗退 (19時23分)

伊藤竜馬 ジョコに敗れる (18時44分)

【1ポイント速報】フェデラーvsクライノビッチ (18時30分)

大坂戦へ ガウフ「自信ある」 (18時19分)

ジョコビッチ 西岡良仁を警戒 (17時32分)

大坂「とてもイライラした」 (16時10分)

西岡「ジョコ弱点少ない」 (15時41分)

西岡 3回戦はジョコビッチ (14時23分)

【1ポイント速報】伊藤竜馬vsジョコビッチ (13時54分)

大坂 全豪3回戦は15歳ガウフ (13時43分)

西岡 四大大会初の3回戦進出 (13時33分)

【1ポイント速報】全豪OP2回戦 (11時20分)

大坂 全豪4度目の3回戦進出 (10時34分)

【1ポイント速報】大坂vsサイサイ (10時26分)

大坂 2回戦へ向け最終調整 (7時11分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!