- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ナダル 敗戦も「自信高まった」

男子テニスツアーの上海マスターズ(中国/上海、ハード)は17日、シングルス準決勝が行われ、第8シードのR・ナダル(スペイン)は第16シードのJW・ツォンガ(フランス)に4-6, 6-0, 5-7のフルセットの末に敗れ、6年ぶり大会2度目の決勝進出とはならなかった。

>>上海マスターズ対戦表<<

今大会ナダルは、先週行われたチャイナ・オープン男子に続く2大会連続での決勝進出を目指していた。チャイナ・オープン男子では決勝戦でN・ジョコビッチ(セルビア)に敗れたが、準優勝を飾っていた。

決勝進出は阻まれたものの、今大会ナダルのここまでのプレーは、今シーズンでもベストといえるテニスを披露していた。M・ラオニチ(カナダ)S・ワウリンカ(スイス)と2人のトップ10選手から勝利を飾っていたが、この日は出だしから積極的なプレーを繰り広げたツォンガに押され、第1セットを先取されてしまう。

第2セットは、ミスが出始めたツォンガに1ゲームも与えず圧勝で奪い返して勝敗の行方は第3セットへと持ち込むも、第3セットの第11ゲームでブレークを許してフルセットで敗れた。

「試合の終盤まで勝てるチャンスはあった。でも今日は自分が勝利を飾る日ではなかった。それでも、数ヶ月前と比べると、遥かに自信が高まったのは疑う余地もないと確信している。」とナダルは、敗戦ながらも前向きな気持ちを明かしていた。

今季ナダルは思うような結果を残せておらず、グランドスラム、マスターズ共に無冠。しかし、今季の大会獲得ポイント上位8名が出場出来るツアー最終戦には、不調ながらも現在出場圏内に位置している。

(STATS - AP)


■関連ニュース■ 

・錦織7位 ナダルに抜かれる
・GS無冠ナダル 今後の可能性
・ナダル「ストロークに問題」
(2015年10月18日12時51分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!