- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ナダル、ワウリンカ下し8強

ラファエルナダル
ワウリンカを振り切ったナダル
画像提供: ゲッティイメージズ
男子テニスのロジャーズ・カップ(カナダ/トロント、ハード、ATP1000)は9日、第1シードのR・ナダル(スペイン)と元世界ランク3位のS・ワウリンカ(スイス)のシングルス3回戦が行われ、7-5, 7-6(7-4)でナダルが勝利し8強入りを決めた。

>>ロジャーズ杯 対戦表<<

第1セット、サービスキープを重ねて迎えた第10ゲームでナダルが2度セットポイントを掴むも、ワウリンカがキープに成功。

その後ナダルの6−5となった時点で雨天により試合は一時中断となる。

再開後、ナダルはバックハンドスライスでアングルにパッシングショットを決めて3度目のセットポイントを握ると、最後はワウリンカのショットがネットにかかり、ナダルがセットカウント1−0とする。

第2セット、第2ゲームでナダルが先にブレークをすると、ワウリンカは直後の第3ゲーム、さらに第5ゲームもブレークに成功し、1ブレークアップとする。

そのままスコアは5−4と進み、ワウリンカがサービングフォーザセットを迎えるも、ここでナダルがブレークバックに成功し、ゲームカウント5−5に。

この後、互いにサービスゲームをキープしてタイブレークに突入すると、3−3からナダルが先にミニブレークに成功。

最後はナダルのフォアハンドのリターンエースが決まり、ナダルが準々決勝へ進出した。
この勝利により、両者の通算対戦成績はナダルの17勝3敗となった。

勝利したナダルは、4強入りをかけて準々決勝で第6シードのM・チリッチ(クロアチア)と対戦する。チリッチは同日に第11シードのD・シュワルツマン(アルゼンチン)を6-3, 6-2で下しての勝ち上がり。

両者は過去7度対戦し、ナダルが5勝2敗とリードしている。

現在開催中の男子テニスATPワールドツアー マスターズ1000「トロント」をWOWOWメンバーズオンデマンドにて全日程配信!

【配信予定】
8月6日(月)〜8月12日(日)

■詳細・配信スケジュールはこちら>






■関連ニュース

・錦織 まさかのストレート負け
・錦織との不平等にジョコ不満
・大坂 ストレート負けで初戦敗退

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報
(2018年8月10日12時17分)




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!