- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織 ジョコに屈し準々決勝敗退

錦織圭
ジョコビッチに敗れた錦織
画像提供: ゲッティ イメージズ
テニスのウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)は11日、男子シングルス準々決勝が行われ、第24シードの錦織圭は第12シードのN・ジョコビッチ(セルビア)に3-6, 6-3, 2-6, 2-6で敗れ、惜しくも初のベスト4進出とはならなかった。もしジョコビッチに勝利していた場合、日本人男子では1933年の佐藤次郎以来85年ぶりの4強入りだった。

>>ウィンブルドン対戦表<<

センターコートで行われたこの試合、序盤から両者激しいラリー戦の中、錦織はミスを重ねて第4ゲームでブレークを許すも、続く第5ゲームでは最後ジョコビッチのダブルフォルトでブレークバック。しかし、ウィンブルドンを3度制している元世界ランク1位のジョコビッチの安定したストロークに屈し、第1セットを落とす。

第2セットは錦織が得意のドロップショットをネットにかけるなど序盤から波に乗りきれなかったが、第4ゲームでジョコビッチからミスを誘い出して先にブレークに成功する。その後もバックハンドのウィナーを決めるなどでセットカウント1−1に追いつく。

第3セットは一進一退の攻防から集中力を切らさなかった錦織が第5ゲームで0-40とブレークチャンスを握る。しかし、ジョコビッチにポイントを連取されてチャンスを逃すと、第6ゲームではボレーをミスするなどで先にブレークされ、セットカウント1−2と崖っぷちに立つ。

第4セットは第1ゲームでジョコビッチのサービスゲームを破る好スタートをったが、そこから4ゲームを連取されると主導権を握られ、この日でジョコビッチに13連敗となった。

錦織は4回戦で元世界ランク10位のE・ガルビス(ラトビア)を逆転で破り、1995年の松岡修造以来23年ぶりに日本人男子8強入りの快挙を成し遂げていた。

一方、勝利したジョコビッチは準決勝で、第2シードのR・ナダル(スペイン)と第5シードのJ・M・デル=ポトロ(アルゼンチン)の勝者と対戦する。


【錦織vsジョコビッチ 過去の対戦一覧】

<2018年>
ウィンブルドン準々決勝 N・ジョコビッチ 6-3, 3-6, 6-2, 6-2 錦織圭

BNLイタリア国際準々決勝 N・ジョコビッチ 2-6, 6-1, 6-3 錦織圭

ムチュア・マドリッド・オープン1回戦 N・ジョコビッチ 7-5, 6-4 錦織圭


<2017年>
ムチュア・マドリッド・オープン準々決勝 N・ジョコビッチ - 錦織圭 棄権


<2016年>
ATPツアー・ファイナル準決勝 N・ジョコビッチ 6-1, 6-1 錦織圭

ロジャーズ・カップ決勝 N・ジョコビッチ 6-3, 7-5 錦織圭

BNLイタリア国際準決勝 N・ジョコビッチ 2-6, 6-4, 7-6 (7-5) 錦織圭

ムチュア・マドリッド・オープン準決勝 N・ジョコビッチ 6-3, 7-6 (7-4) 錦織圭

マイアミ・オープン決勝 N・ジョコビッチ 6-3, 6-3 錦織圭

全豪オープン準々決勝 N・ジョコビッチ 6-3, 6-2, 6-4 錦織圭


<2015年>
ATPツアー・ファイナル予選 N・ジョコビッチ 6-1, 6-1 錦織圭

BNLイタリア国際準決勝 N・ジョコビッチ 6-3, 3-6, 6-1 錦織圭


<2014年>
ATPツアー・ファイナル準決勝 N・ジョコビッチ 6-1, 3-6, 6-0 錦織圭

パリ・マスターズ準決勝 N・ジョコビッチ 6-2, 6-3 錦織圭

全米オープン準決勝 錦織圭 6-4, 1-6, 7-6 (7-4), 6-3 N・ジョコビッチ

マイアミ・オープン準決勝 N・ジョコビッチ - 錦織圭 棄権


<2011年>
スイス・インドア準決勝 錦織圭 2-6, 7-6 (7-4), 6-0 N・ジョコビッチ


<2010年>
全仏オープン2回戦 N・ジョコビッチ 6-1, 6-4, 6-4 錦織圭

ウィンブルドンテニスをWOWOWにて連日生中継。
外出先でもオンデマンド配信で楽しめる!

【配信予定】
2018年7月2日(月)〜7月15日(日)

■詳細・放送スケジュールはこちら>






■関連ニュース

・「パニック」錦織に敗れる
・ジョコビッチ あわや失格処分
・怒りジョコ 観客の咳や口笛

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報
(2018年7月11日23時44分)

その他のニュース

3月21日

マイアミ男子 本戦出場一覧 (10時27分)

サーブが苦手な人のTシャツ (9時01分)

大坂 初戦は世界141位か142位 (8時16分)

3月20日

デ杯監督の岩渕が選抜に登場 (20時21分)

選抜、佐藤と吉田が選手宣誓 (19時42分)

杉田祐一 CH初戦で敗れる (17時41分)

東京コレクション 2選手出演 (15時47分)

メドヴェデフ、ラコステと契約 (14時45分)

プロ4選手がイベントを開催 (12時58分)

トップ50唯一の10代選手に (11時26分)

土居、日比野の勝利 WTAが特集 (10時05分)

マイアミOP 悪天候で順延に (7時49分)

3月19日

ジョコ 初戦ベルディヒの可能性 (21時01分)

錦織7位 18日付最終戦ランク (17時46分)

錦織らマイアミOP見どころ (16時06分)

土居、日比野 マイアミ予選決勝へ (14時32分)

チョン、マイアミOP棄権へ (12時04分)

ツォンガら マイアミ予選決勝へ (10時52分)

フェデラー 2年ぶり4度目V狙う (10時11分)

錦織らマイアミ組み合わせ発表 (6時57分)

3月18日

錦織6位、西岡は64位へ (20時39分)

フェデラー 2年連続で苦杯 (19時29分)

大坂なおみ1位 TOP10変動 (18時17分)

大坂に続きノーシードから初V (17時02分)

錦織6位へ Vティームは4位 (14時15分)

フェデラー撃破で悲願の初V (11時44分)

大坂らマイアミ組み合わせ発表 (10時55分)

ティームがマスターズ初V (10時20分)

【1ポイント速報】フェデラーvsティーム (10時15分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!